結婚式を挙げるために利用できるもの|ウキウキウェディングプラン

時代に合わせた式

これからの神社挙式はどうなるか

神社挙式とは、神前式とも呼ばれており、神社に祀られているお神様の前で愛し合う男女2人がが三々九度の盃にて契りを交わし、誓いの言葉を読み上げて夫婦になることを誓う厳かな儀式になります。 しかしながら、現在の神社挙式は徐々に現代式にシフトしてきています。 例えば、指輪交換を洋式のリングピローに載せて交換することを神社が認め出したことは若い世代に喜ばれています。また、神社挙式は、従前は親族の参列のみであったのが、現在では教会式のように友人や知人、職場の方々まで参列できるようになってきています。さらには、神前式に新婦が白無垢ではなくドレスを着て臨むことなどは昔では考えられないことでありますが、認める神社も増えてきており、これからの神社挙式は若者のニーズを取り入れたものへと変化していく傾向にあります。

式に臨むにあたり注意すべきことは

神社挙式をおこなうにあたり注意すべきことは、あくまで神前で行う式であり厳かなものであるということです。 神社挙式の最中に、カメラ撮影や写真撮影など平気で行う方々がいますが、基本的にこのような行為は厳かな神前式中は控えるべきなのです。 そして、新郎新婦は神社挙式をあげる神社の神職と事前に詳しく打ち合わせをしておくことが必要です。 当日になって、神前式への参列者を大幅に増やしたいと言ったりすれば神社側も困ります。また、神社によっては厳格な神社もあり、新婦がドレスで臨むなどもってのほかと言われたり、参列者も厳しく制限される神社もあります。さらには、神社の規模が小さく神社挙式自体ができないところもありますので、まずは電話で問い合わせるなど情報収集はきちんと行いましょう。