結婚式を挙げるために利用できるもの|ウキウキウェディングプラン

贈れるプレゼント

祝電にどのようなプレゼントを付けるべきか

一昔前の電報と言えば、急用を伝えるための簡素なメッセージでしたが、現在では電報だからこそ使用する価値がある素敵なサービスになっています。 例えば結婚式の祝電で電報を使った場合、祝電用に用意されている様々なプレゼントを一緒に届ける事ができるようになっているのです。 祝電を送る相手が花嫁だった場合、結婚式用に作られた既製キャラクターのぬいぐるみなどを選ぶようにしましょう。祝電用のぬいぐるみは、新郎新婦の装いをしているのが普通ですから、花嫁は一生に残るレアなぬいぐるみをゲットする事ができます。 また結婚式場に電報プレゼントを飾ってもらう場合、枯れ辛いプリザーブドフラワーを贈れば縁起が良いでしょう。他にも豪華なリースを届ける事ができます。

結婚式のマナーを守って文面を考える

結婚式に祝電を送る場合、一番気になるのは文面のマナーです。結婚式は人生の中でも最も晴れやかな一日ですから、縁起の悪い「忌み言葉」だけは絶対に避けるようにしましょう。例えば、「別れる」「切れる」と言った言葉を使わないのは一般的ですが、「重ね重ね」などもNGワードです。こうした言葉は、「再婚」を暗示させますので、縁起がよろしくないのです。 マナーを守って電報を書いた場合、宛名をどうするのかが気になります。一般的に結婚式は入籍の儀式ですが、新婦に贈る場合は旧姓で贈るのが普通です。 また自分自身が新郎か新婦のどちらかとしか面識がない場合、連名でなくともマナー違反ではありませんので安心しましょう。 その後、祝電は結婚式の前日か、二日前に届くように送りましょう。